リサイクルトナーを15時までのご注文で即日発送!

コピー機の光について

コンビニでコピーをしたり、スキャナーを使ってスキャンをするときに、
読み取り台の下から、光がピカーっと光って原稿を読み取ります。


この時の光を見ると、目を悪くする、とか、目が見えなくなるから見ないように、
といった話を聞いたことがありませんか?


このコピーの光についてまとめました。


光の元は何?

コピー機の光は、ハロゲンランプや冷陰極管(蛍光灯の一種)のものです。
ハロゲンランプは、自転車のヘッドライトなどに、冷陰極管は誘導灯や看板などに使われています。


本当に目に悪いのか?

では、そのコピー機の光は目に悪いのでしょうか。
光の元であるハロゲンランプや冷陰極管は、光が出ているだけなので、
体に浴びても大した影響はありません。
また、目に入る分にも普段コピーやスキャンをする際に見える、すき間からもれる程度の光なら、量も少なく、目に与える影響もないので、特に気にする必要はありません。


しかし強い光なので、長時間直視すれば、それだけ目に刺激を与え、ダメージになります。
おおよそ、1時間くらい光を見ていると影響があります。


目に入ってしまう分には問題はありませんが、意識して長時間見ると、
目にダメージを与えてしまうので、注意してください。


どうしても長時間コピーを取る必要がある場合は、ゴーグルなどの使用をオススメします。



その他豆知識一覧はこちら>>

会員登録

  • 24時間注文受付
  • カゴの中を見る
  • FAX注文

選べるお支払い方法

7つのポイント

このページのトップへ
送料について
店内全品無料です
Copyright(c)2011 リサイクルトナー.net, all right reserved