リサイクルトナーを15時までのご注文で即日発送!

複合機のメンテナンスと保守契約について


複合機のメンテナンスで調べると、保守契約、という言葉が出てきます。
この保守契約、という仕組みには幾つかの種類があります。


カウンター契約


印刷した枚数に応じて、契約料が変わるシステム。
印刷1枚につき、料金がいくらかかるかを契約の際に決めるため、お客様によって価格が変わってきます。
毎月、1000枚以上印刷する、という場合にオススメです。
詳しくは「複合機のカウンター保守契約について」をご参照ください。


コピーキット契約


ある一定枚数分の保守料金込みのトナー(=コピーキット)をあらかじめ購入する方式です。
保守メンテナンスとトナーやパーツ代をまとめて契約する仕組みになっています。
コピーキットが無くなるまでの間、保守を受けることができます。
この方式は一定期間複合機を使用する見込みがなかったり、普段は印刷枚数が少なくても、 使う月は500枚利用するなど、毎月の印刷枚数が一定ではない場合オススメです。


機種によってはコピーキット方式限定の場合もあるようです。
機種を選ぶ際は、保守の種類も意識する必要があります。


スポット契約


他の保守契約とは異なり、あまり一般的ではない保守契約です。
スポット契約とは、期間ごとや、使用ごとの定期的、定量的な保守契約を結ばず、 トラブルが発生した時にその都度サービスマンに来てもらって、メンテナンスや保守をしてもらう仕組みです。
メンテナンスの際の、パーツ代やドラムユニット代は、実費請求されます。
部品代に加えて、技術料金と出張料金がかかるので、事前にいくらになるか確認しておきましょう。


ほとんど不具合や故障も起きず、印刷もしない場合はお得になります。
何事もなければ、一番安く済む保守契約ですが、度々来てもらうと、出張費、作業費、部品代など、出費がかさみます。
本当に年に数回しか印刷しない場合ならともかく、よく使う場合にはあまりオススメできません。



その他豆知識一覧はこちら>>

会員登録

  • 24時間注文受付
  • カゴの中を見る
  • FAX注文

選べるお支払い方法

7つのポイント

このページのトップへ
送料について
店内全品無料です
Copyright(c)2011 リサイクルトナー.net, all right reserved