リサイクルトナーを15時までのご注文で即日発送!

レーザープリンターの導入事例

近年は一般のご家庭における、パソコンの普及率が上がってきたに伴って、
プリンターは一家に一台は必ずあると言っても過言ではない時代になりつつあります。


プリンターが普及してきたとはいえ、家庭用プリンターの主流はやはり、
インクジェットプリンターと言えるでしょう。

理由としてはプリンター本体の価格がリーズナブルであることに加え、
非純正品でも高品質なインクカートリッジをネットショップなどで安価に購入できる環境が整っているからです。


一方、主にビジネスで利用されているプリンターはレーザープリンターです。
レーザープリンターと聞いて、どのようなイメージがあるでしょうか。
価格が高額、内部のドラムなどの部品の交換などで手間がかかる、
電気代がかかりそう、インクジェットと違って取り扱いが難しいのではないか、
などのイメージ持たれがちで、家庭での浸透率は今一つという状況です。


SOHOのように、個人がパソコンやインターネットを活用して経営する事業が一昔前に比べて増えてきましたが、
やはりレーザープリンターを使うとなると、管理費も含めて高いというイメージから、
なかなか手を出しにくいという現状です。


しかし近年では、
リース契約などで企業がレーザープリンターを利用している場合もあります。

例えば会計事務所などでは、
プリンターのリースと会計専用ソフトおよびパソコンをセットで賃貸する代わりに、
機器の保守や定期的なメンテナンス、さらにはリサイクルトナーの提供を積極的に行っている企業も存在します。


今の時代、文書のやり取りはメールなど、紙を使わない方法が主流になりつつあります。
しかし、紙の書類によるやり取りが完全に廃れてしまったわけではありません。


例えば、税務会計業務の場合は、今でこそ電子申告が浸透しつつありますが、
それでも決算報告や確定申告の際には紙媒体で税務署等に直接書類を提出するスタイルが一般的です。


そのためには大量のインクと紙が必要となりますので、こうした業種にとっては機器等とセットで契約する方が、
機器を単体で購入して業務を行うよりも費用対効果は良いと言えます。


とりわけ、印刷中にプリンターが故障したりインクが無くなった際には瞬時に保守を依頼することが出来ますので、
業務進行の停滞という非常に大きなトラブルを回避することに繋がります。


こうした、リース契約をおこなっている会社でもリサイクルトナーは活用されています。
レーザープリンターは、印刷スピードの速さと、くっきりとした印刷品質が特徴です。
大量の文書を扱うならば、時間もお金も節約できるレーザープリンターとリサイクルトナーを活用するのも、ひとつの方法ではないでしょうか。


最終的にはトータルの費用がどのくらい掛るかしっかりと吟味して、どれくらいコストが抑えられるのかを検討してみてください。

その選択肢の中には、必ず「リサイクルトナー」があるはずです。



その他豆知識一覧はこちら>>

会員登録

  • 24時間注文受付
  • カゴの中を見る
  • FAX注文

選べるお支払い方法

7つのポイント

このページのトップへ
送料について
店内全品無料です
Copyright(c)2011 リサイクルトナー.net, all right reserved