リサイクルトナーを15時までのご注文で即日発送!

プリンターの選び方と注意点(レーザー編)

自宅用のプリンターといえば、インクジェットプリンタが主流ではあり、
レーザープリンターは会社や企業で使うものという印象がありますが、
自宅でもレーザープリンターを使用したいと思う方のために、
自宅で使用するレーザープリンターの選び方をまとめました。
規模の小さい会社や在宅で仕事をされている方にもオススメです。


レーザープリンターの種類と違い


レーザープリンタには、カラーとモノクロの2種類があります。
どちらも、使用する消耗品は、トナーとドラム(感光体ユニット)です。
まずレーザープリンタの最大の特徴はその印字速度の速さです。
インクジェットプリンターよりも格段に早く印刷ができます。


また、カラーレーザープリンタの場合、
1つのドラムを使うロータリー方式とダンデム方式の2種類があります。
ロータリー方式の方が、印刷速度が遅くなりますが、印刷品質が高く、綺麗な仕上がりになります。


一方、ダンデム方式の場合は、黒・青・赤・黄の4色の感光体ユニットを使って印刷しますので、印刷速度は速くなりますが、色ズレや色むらが発生しやすく、また消耗品のコストがかかります。

大量の書類を一度に印刷し、ロータリー方式で十分だと思います。
レーザープリンタの場合は、インクジェットプリンタと違って印刷の仕組みがコピー機と同じで複雑です。
詳しくは、「レーザープリンターの印字の仕組み」を参照してください。
また、ロータリー式、タンデム式についてもう少し知りたい方は、
レーザープリンターの構造の違い」をご参照ください。


プリンターの構造上、プリンタ本体も大型になりがちになりますので、
自宅や、あまりスペースを取れない場合だとやや設置スペースに困ることも出てくるかも知れません。
また、トナーやトナーカートリッジ・ドラム(感光体ユニット)消耗品の価格が高いという側面もあります。


カラーレーザープリンタ・レーザープリンタを選ぶかインクジェットプリンタを選ぶかは、
目的にあわせて検討してください。


プリンターの選び方

インクジェットプリンター同様にレーザープリンターも似たような製品が多く、
どれにしたらよいか迷うと思われます。
しかし、自分で納得した上で、自分に必要なものを購入したいものです。


まず、自分が印刷する用紙の最大サイズと、印刷色数を考えてみてください。


印刷する用紙はA4ですか?A3ですか?

A4しか印刷しないのであれば、A4プリンターを、
A3対応となると、A4プリンターより価格が上がります。
また、筐体も大きくなり、機種もそれほど多くはありません。


次に、印刷色数はモノクロですか?カラーですか?

モノクロしか必要ではない場合は、モノクロレーザープリンターが最適なのではないでしょうか。
インクジェットは基本的にカラー印刷を想定していますから、インクも4色ついてくることが殆どです。
モノクロインクジェットプリンターは少なく、機種も多くありません。


コスト、スピードの面を考えても、
モノクロレーザープリンターがオススメです。
その場合は、用紙サイズ、ランニングコスト、印刷速度、接地面積などをカタログなどで見て、選ぶことをオススメします。


一方、カラー印刷も必要という方は、レーザーかインクジェットとなります。
耐光、耐水性を重視される方は、 レーザーをオススメします。
仕上がりは好みもありますがインクジェットと比べて発色性はそれほどありません。
のっぺりとして、表面がテカりを持っているように見える場合があります。


耐光、耐水よりも、発色を重視される場合は、インクジェットをオススメします。



その他豆知識一覧はこちら>>

会員登録

  • 24時間注文受付
  • カゴの中を見る
  • FAX注文

選べるお支払い方法

7つのポイント

このページのトップへ
送料について
店内全品無料です
Copyright(c)2011 リサイクルトナー.net, all right reserved