リサイクルトナーを15時までのご注文で即日発送!

プリンターの給紙トラブルについて

プリンターが用紙を給紙せず、うまく紙送りができなくなったことはありませんか?
給紙がうまくいかなくなった時の原因と対処法についてまとめました。


給紙されない場合

印刷しようとすると、給紙ローラーが空回りして、紙送りされず、そのまま紙詰まりになってしまい、 多くの紙が無駄になってしまう。
この場合は、紙をよくさばき、揃えてからもう一度電源を入れたり、プリンターが水平になっているかを確認してみてください。


それでも治らない場合は、プリンターの中に「紙粉」と呼ばれる、 紙の表面に付着している粉末状のゴミが溜まっていることが原因かもしれません。
「紙粉」が原因の場合は、クリーニングシートを使うことをオススメします。


ハガキが給紙されない

年賀状などをいざ印刷しようとすると、ハガキが給紙されず、エラーばかり起こってしまう。
クリーニングシートでメンテナンスしたけれど改善されない。
この場合は、ハガキの種類も大切なポイントになってきます。


ハガキの種類

郵便局で購入した官製はがきであれば、まずどのプリンターも対応しています。
(インクジェット用など種類があります。購入の際はチェックを忘れずに。)


ところが、他社のメーカーが出しているプリンター用ハガキはエラーになる可能性が高くなります。
例えば、A社のプリンターでC社のプリンター用のハガキを使用すると、エラーになることが多くあります。
自社のプリンターの規格に合わせて作られていますので、官製はがき以外のハガキを使われる際は、 プリンターのメーカーに合わせた用紙を使用してください。


片面印刷済みなど、加工がされているか

一般家庭用プリンターは、新品の用紙に印刷することを想定して作られています。
そのため、コンビニなどで販売されているイラスト付きハガキとは相性があまり良くありません。
プリンターがすでに印刷されている用紙だと判断し、正常に給紙されないことがあります。
プリンターで印刷する際は、郵便局で売られているハガキ、もしくはメーカーが販売している、 メーカー純正のハガキを使用してください。


印刷の順番

年賀状など、ハガキを印刷する場合、宛名を先に印刷するのか、裏面を先に印刷するのか、 どちらから印刷した方が良いのか悩んだことはありませんか?


厳密には順番がなく、どちらから印刷しても問題はありません。
しかし、絶対にハガキを汚したくない。綺麗に仕上げたい場合のオススメの順番はあります。


まずは、宛名を印刷する

裏面を印刷した後、ハガキがまっすぐになっていない経験をされたこともあると思います。
裏面は印刷する範囲が広く、大量のインクを消費するので、印刷すると大きく歪んでしまいます。
このまま宛名も印刷すると、歪んだ用紙に印刷するので、綺麗にインクが乗らず、 かすれたり、綺麗に印刷されなくなってしまう原因になります。


そうならないために、まずは宛名から印刷してください。
宛名は裏面に比べてインク量も少なく、歪んでもそこまで大きく歪みません。


歪みを取る

印刷した後は、歪みを取るために、重い本などを載せてしばらく置くと、 元通りのまっすぐなハガキになります。


裏面を印刷する

それから裏面を印刷します。
印刷できた裏面は一枚ずつ取り出して、並べて置いてください。
すぐに重ねてしまうと、乾いていないインクが他のハガキにつき、汚れの原因になります。
場所と時間を使いますが、一枚一枚並べて乾かしてください。


これで綺麗にハガキが印刷できるはずです。


給紙ができなくなったら

・用紙がプリンターに対応しているか確認
・クリーニングシートでメンテナンスする
・ハガキの印刷は歪みを直してから
・それでもダメならメーカーへ修理の依頼をする

以上のことを試してみてください。



その他豆知識一覧はこちら>>

会員登録

  • 24時間注文受付
  • カゴの中を見る
  • FAX注文

選べるお支払い方法

7つのポイント

このページのトップへ
送料について
店内全品無料です
Copyright(c)2011 リサイクルトナー.net, all right reserved