リサイクルトナーを15時までのご注文で即日発送!

プリンターと偽造防止機能について


プリンターやコピー機でお札を印刷しようとすると、警報がなる。
そういった話を聞いたことはないでしょうか?


実は紙幣には「ユーリオン」という模様が描かれています。
この「ユーリオン」は偽造防止技術の1つで、1996年以降に発行された、
世界各国の紙幣に導入されています。


「ユーリオン」の元となる技術を開発したのは日本で、
紙幣への導入も比較的早く、現在の日本銀行が発行している紙幣には、
この「ユーリオン」が描かれています。


この「ユーリオン」が描かれていることによって、
複写禁止印刷物であることを、画像処理ソフトやカラー複写機が、
容易に検知できるようになっています。


また、コンビニなどに設置されているコピー機には、基本的に、
紙幣を判別する機能が備わっており、紙幣をコピーしようとすると、
警報がなったり、印刷されなかったりするようです。


紙幣をコピーすることは、
刑法第16章の通貨偽造罪(148条)
外国通貨偽造及び行使等罪(149条)
偽造通貨等収得罪(150条)および収得後知情行使等罪(152条)
通貨偽造等準備罪(153条)
のいずれかに抵触し、処罰の対象となりかねませんので、
絶対にしないでください。


また、近頃は「コピー偽造防止用紙」という特殊な用紙も販売されています。
コピーを取ると、大きく「模写」「COPY」などが浮き出る用紙です。
作成する書類の中で、複写やコピーをされたくないもの、
チケットなど、コピーしたものは無効にしたい場合は、
この「コピー偽造防止用紙」を導入するというのも、1つの方法です。



その他豆知識一覧はこちら>>

会員登録

  • 24時間注文受付
  • カゴの中を見る
  • FAX注文

選べるお支払い方法

7つのポイント

このページのトップへ
送料について
店内全品無料です
Copyright(c)2011 リサイクルトナー.net, all right reserved