リサイクルトナーを15時までのご注文で即日発送!

プリンターのエコな使い方

近年の最新プリンターは省エネ性能が高く、買い替えるだけでオフィスの消費電力が下がる場合も、少なくない状況になってきています。
普段の使い方を工夫すれば、より環境負荷の低減に配慮して使用することができます。
少し古いモデルの場合も、ちょっと設定を見直してみると、環境とコストに配慮してご使用できるかもしれません。


トナーセーブ機能(インク節約機能)


トナーセーブ機能(または、インク節約機能)とは、レーザープリンターならトナーを、 インクジェットプリンターならインクを節約して印刷する機能です。
当然、印刷の濃度が薄くなるため、お客様への資料や印刷品質を重視する場合の使用には適しませんが、個人用や社内で配布する印刷物などには十分使用できる機能です。


トナーやインクを長持ちさせたい場合は、一度機能を使用するというのも1つの方法です。
トナーセーブ機能の設定の方法は、お手持ちのプリンターのよってことなりますので、
一度取扱説明書や製品概要をお確かめください。


もともとは、試し刷り用のドラフトモードとして活用されている機能でもありますので、
印刷の色が薄いこと、小さい文字が潰れてしまうことなどのデメリットも挙げられます。

お客様への資料などを印刷される場合は機能をoffにすることを心がける必要があります。


グレースケール印刷

カラー印刷はトナーやインクの使用量が著しいため、普段の印刷を白黒で行うというのは、
多くのユーザーが活用しているコスト削減法だと思います。

設定からグレースケールや白黒を選んで設定する、という手間はかかるものの、
カラートナーやカラーインクの使用を控えることで、交換にかかるコストを削減できます。


裏紙を活用する。

こちらは、プリンターの設定ではありませんが、白黒印刷同様、
多くのユーザーに活用されているコスト削減方法です。
使わなくなった用紙の裏を活用することで、用紙のコストを削減できます。



以上のように、それぞれ、印刷コストを削減する方法があります。
普段から、印刷コストを下げることを意識したい場合には、これらを活用してみては如何でしょうか?



その他豆知識一覧はこちら>>

会員登録

  • 24時間注文受付
  • カゴの中を見る
  • FAX注文

選べるお支払い方法

7つのポイント

このページのトップへ
送料について
店内全品無料です
Copyright(c)2011 リサイクルトナー.net, all right reserved