リサイクルトナーを15時までのご注文で即日発送!

リサイクルトナーの品質基準について

近年、リサイクルトナーの品質に関しては厳しい基準が設けられています。
未だにリサイクルトナーにもたれている、安かろう、悪かろうと言うイメージを払拭するために。
そしてお客様に安全に使っていただくための様々な基準があります。


リサイクルトナーにまつわる基準についてまとめました。


世界標準の検査基準、STMCについて

STMC(正式名称:Standardized Test Method Committee)は世界で唯一リサイクルトナーカートリッジの品質基準やテスト方法を定めた基準の事です。
リサイクルトナー先進国アメリカにて、ASTMという団体によってリサイクルトナー普及を推進するために制定されました。


STMCには大きな特徴があり、それはJIS規格のような規格とは異なり、リサイクルトナーに特化している点です。
カートリッジの分解や清掃、トナーの充填や印字テストなど、リサイクルトナーにとって重要な多数の項目に基準が定められています。


リサイクルトナー製造工場がSTMCの認定を受けるためには、充分な指導を受け、規格に沿った品質を確保するための各種試験機器を備える必要があります。


日本独自の規格、E&Qについて

E&Q(ECO & QUALITY)はリサイクルトナーの環境と品質に関わる管理基準です。
日本カートリッジリサイクル工業会(AJCR)が第三者審査機関を通して、環境管理・品質管理基準に基づいた厳しい審査を、毎年1回実施しています。


環境管理基準は28項目、品質管理基準は10項目にわたり、全て適合する製品のみ本体と外箱にE&Qマークラベルが貼付されています。
トナーカートリッジ本体に貼付されるマークラベルは右上の8桁のNO.が記載されています。
これは、トナーカートリッジ固有の管理番号であり、納品後製造元と連絡先を確認することができます。
また、梱包箱には管理番号無しのマークラベルが貼付されます。


日本カートリッジリサイクル工業会とは

「日本カートリッジリサイクル工業会」は、リサイクルトナー事業を行う国内外の製造業・関連企業の会員で構成されている日本唯一の工業団体です。
環境に配慮した高品質なリサイクルトナーカートリッジを供給できるように活動しています。


国際規格、ISO 9001(品質規格)とISO 14001(環境規格)

ISO9001は、国際標準化機構(ISO:International Organization for Standardization)により1987年に、ISO 14001は、1996年に定められた定められた国際規格です。


ISOは、国際間の取引をスムーズにするために共通の基準を決める、という目的があります。 国際規格は、国内規格にも適応されるため、国際間取引がない場合でも適用されるという特徴があります。 ISO 9001は、お客様に品質の良いものやサービスを提供すること、「顧客満足」が目的になり、対して、ISO 14001は、その会社や企業が環境に配慮しているかどうか、といった「環境保全」を目的としています。


以上のように様々なお客様に安心してリサイクルトナーをご使用いただけるように、様々な規格が設けられています。
是非、リサイクルトナーを活用して、環境保全とコスト削減にお役立てください。



その他豆知識一覧はこちら>>

会員登録

  • 24時間注文受付
  • カゴの中を見る
  • FAX注文

選べるお支払い方法

7つのポイント

このページのトップへ
送料について
店内全品無料です
Copyright(c)2011 リサイクルトナー.net, all right reserved