リサイクルトナーを15時までのご注文で即日発送!

リサイクルトナーの製造工程

リサイクルトナーはどのような工程を経て、お客様のお手元へ届くのでしょうか。
「使い終わった容器に、またトナーを詰め直しているだけじゃないだろうか?」
そんな風に思われがちですが、実は、メンテナンスや部品交換など、いくつもの工程を経て製造されています。
リサイクルトナーが製造される工程をわかりやすくまとめました。

1.回収

お客様より回収したトナーカートリッジに傷や破損がないか、
再生可能かの事前チェックを行います。

トナーカートリッジを再生するときに欠かすことができないものが、
使用して空になったトナーカートリッジです。
これがないとリサイクルの行程は始まりません。
近年は特に、どこの製造工場でもこの空カートリッジの調達に力を入れています。

原則として、お客様から返却されたものを使用しますが、発売されたばかりの新しい機種の場合は、空カートリッジがなかなか手に入りません。
そこで、専門の業者からお金を払って、
空のカートリッジを買い取ったりすることもあります。


2.分解・検査

クリーニング作業の前にトナーカートリッジを分解し、各部品の動作チェックを行います。
熟練した担当者が1本1本丁寧に分解し、各部品を隅々までチェックしていきます。


3.クリーニング

古いトナーをすべて除去し、カートリッジ及びすべての部品をクリーニングします。
クリーニングを行います。続いて組み立てとトナー充填となります。


4.トナー充填

高品質の新しいトナー粉を充填します。


5.部品交換

高品質の新しいドラムと付帯部品を交換します。
また劣化・磨耗している部品も交換します。


6.組立

修理、交換が終了したトナーカートリッジを組み立てます。
特に技術と経験が必要になる作業で、1本1本手作業で慎重に組み立てていきます。


7.プリントテスト

実際のプリンターで印字テストを行い、合格したトナーカートリッジのみ次の梱包工程に進むことができます。
トナーの充填が完了し、組み立てられたトナーカートリッジを1本1本プリンターでテスト印刷を行います。
ここで合格したものが梱包され出荷されていきます。


8.梱包・出荷

完成したトナーカートリッジを、確実にお客様にお届けします。
テストプリント終えて、合格した製品は、梱包工程へと進み緩衝材などで丁寧にパッキングされます。

昨今は、午前中や指定の時間までに注文をすれば、即日発送してくれる通販業者がほとんどになってきていますので、日本国内の一部地域を除いて、翌日にはリサイクルトナーが手元に届くようになっています。



その他豆知識一覧はこちら>>

会員登録

  • 24時間注文受付
  • カゴの中を見る
  • FAX注文

選べるお支払い方法

7つのポイント

このページのトップへ
送料について
店内全品無料です
Copyright(c)2011 リサイクルトナー.net, all right reserved