リサイクルトナーを15時までのご注文で即日発送!

スキャナーについて

書類や写真をデータとしてパソコンの中に取り込むことができる、便利なスキャナー。
スキャナーについて調べてみると、CCDタイプとCISタイプの2種類が出てきます。


それぞれの特徴と違いについてまとめました。


CCDタイプ、CISタイプとは、スキャナーの読み取りの方式の違いのことです。
二つの大きな違いは、本体の大きさと画質です。


大きさの違い

CCDタイプ、CISタイプともに、どちらもガラス面に原稿を置き、その下から光を当て、その反射光をセンサーで読み取るという仕組みは同じです。


CCDは、光学縮小方式(Charge Coupled Devices)とも言います。
光源に白色蛍光ランプを使い、内部には複数枚のミラーとレンズがあります。
光源の光をミラーとレンズで反射し、センサーで読み取ります。
そのため、内部の装置が大きくなり本体も大きくなりますが、CISタイプよりも読み取りが早く、本など、少し原稿が浮いてしまう場合も、綺麗にスキャンすることができます。


一方、CISは密着センサー方式(Contact Image Sensor)とも言います。
ミラーは必要なく、反射光がそのままレンズやセンサーに届くため、本体もコンパクトになっています。


画質の違い

平面の原稿を読み取る場合は、CCDとCISどちらもほとんど変わらない画質です。
しかし、本の内側など凹凸があり、平面ではない原稿では、違いが出ます。
CCDは文字をはっきりと読み取れますが、CISでは読み取れません。
これは、CCD方式は、ある程度原稿が浮いていてもピントが合う構造になっているからです。


設置面積が限られている場合は、省スペースなCIS。
厚い本など凹凸のある原稿を頻繁に読み取りするなら、CCDがオススメです。



その他豆知識一覧はこちら>>

会員登録

  • 24時間注文受付
  • カゴの中を見る
  • FAX注文

選べるお支払い方法

7つのポイント

このページのトップへ
送料について
店内全品無料です
Copyright(c)2011 リサイクルトナー.net, all right reserved