リサイクルトナーを15時までのご注文で即日発送!

トナーカートリッジの一体型と分離型とは?

プリンターによって、トナーカートリッジの種類が異なる場合があります。
トナーカートリッジの種類とそれぞれの構造や特徴についてご説明します。


トナーカートリッジには大きく3つの種類があります。

・分離型
・一体型
・ボトル型

分離型の特徴

セパレートタイプともいいます。


トナーカートリッジとドラムカートリッジ(感光体ユニット)が、
それぞれ分離しているタイプです。

交換サインが表示されると、使用状況に応じてトナーとドラム、
それぞれ別々に交換することになります。


コスト面で考えると、純正品の価格帯は分離型の方が比較的安価ですが、
トナーとドラムをそれぞれ別に交換する必要があります。


一体型の特徴

トナーとドラム(感光体)が一体となっており、
トナーがなくなるとカートリッジをまるごと交換するタイプです。

コスト面で見ると、純正品の価格帯は分離型に比べて高価ですが、トナーとドラムが一体になっており、カートリッジの交換でトナーもドラムも一度に交換できますので、手間がかかりません。


多くのプリンターでは、この分離型と一体型が多く見られます。


ボトル型の特徴

トナーがボトル型のタイプです。
このタイプでは、トナーとドラムは分離しています。
純正品の価格帯は比較的安価ですが、やはり定期的にドラム交換が必要になります。




どのトナーのタイプが一番良い、ということはなく、
メーカーやプリンターの種類・型番によっても価格は異なります。
しかし、トナーのタイプもプリンターを選ぶ際のポイントに加えていただければ、
より、目的にあった商品を購入できるかもしれません。

また、レーザープリンターにも構造が異なる種類があります。
詳しくは「レーザープリンターの構造の違い」をご参照ください。



その他豆知識一覧はこちら>>

会員登録

  • 24時間注文受付
  • カゴの中を見る
  • FAX注文

選べるお支払い方法

7つのポイント

このページのトップへ
送料について
店内全品無料です
Copyright(c)2011 リサイクルトナー.net, all right reserved