リサイクルトナーを15時までのご注文で即日発送!

印刷トラブルについて

リサイクルトナーだけでなく、純正トナーを使っていても、
印刷ができないなどのトラブルはつきものです。

よくある印字トラブルと、
トラブルが起きた時の対応を紹介します。


トナー切れのエラーが出る。
すでに使用済みのトナーカートリッジを、再度セットしてしまっている可能性があります。

プリンターにセットしているトナーカートリッジを確認してみてください。


印字されない、もしくは真っ白になってしまう。
シーリングテープは引き抜かれているか、確認してください。

テープがそのままだと、いくら指示を出しても印刷されません。


またはトナーが無くなっている可能性があります。

トナーを交換して、印刷してみてください。


用紙がプリンタ内で頻繁に詰まってしまう
静電気が原因の場合があります。

用紙が静電気などで密着すると、うまく給排紙できず詰まってしまいます。
特に冬季の乾燥した時期に起こりやすいトラブルです。
用紙をよくさばいてからプリンタにセットするようにしてください。
また、用紙が湿気を帯びている可能性もありますので、用紙を交換してみてください。


カセットの用紙ガイドが、正しくセットされていない可能性があります。

給紙トレイを開けて、確認してみてください。


文字や画像の残像が印刷される。
原因としては、プリンターの定着ユニット部の定着ローラーの汚れがまず考えられます。

取扱説明書を参照して定着ローラーのクリーニングを行ってください。


改善されない場合、ドラムの劣化が考えられます。

白い紙で空白を印刷してみて、汚れが着かなかったら、ドラムが原因だと思われます。
この場合は、トナーカートリッジを交換する必要があります。


印字がにじんでいる。
用紙に湿気が含まれていることが原因で印字がにじむことがあります。

まずは用紙を交換してみてください。
その際に、使用できない用紙を使っている可能性がありますので、
用紙の種類を確認してください。


冬季の場合は、感光ドラムが結露を起こしている可能性も考えられます。

室温を上げたり、電源を入れてしばらくしてから印刷してみてください。


印字がかすれてしまう。
カートリッジ内のトナーが片寄っている可能性があります。

一度、プリンターから取り出して、軽く何度か振ってから、印刷してみてください。

改善されない場合、ドラムに不具合が起きている可能性があります。

その場合は、トナーカートリッジを交換して、印刷指示を出してください。


ヨコ方向に黒い線が印刷される。
トナーの不具合、もしくはドラムの不具合が考えられます。

トナーカートリッジを交換してみてください。


タテ方向に黒い線が出る。
トナーが片寄っているかもしれません。

プリンターからカートリッジを取りだして、振ってから戻してください。


ドラムカートリッジが損傷している可能性があります。

カートリッジを交換して印刷してみてください。


部分的に白く抜けて印刷されてしまう。
トナーがなくなっている可能性が有ります。

プリンターにトナー切れのメッセージが出ていないか、確認してみてください。


シーリングテープは完全に引き抜かれていますか?

シーリングテープがついたままだと、部分的に白く抜けてしまうことがあります。


出力した紙の湿気が原因の可能性があります。

紙を新しいものに交換してみてください。


印刷物に等間隔に黒点や汚れが出る。
ドラムカートリッジが損傷している可能性があります。

カートリッジを交換してください。


印字トラブルが出た時の対応 まとめ

不具合が出た時は、慌てずにまず、以下のことを試してみてください。
・一度電源を切って、再度電源を入れる。
・トナーカートリッジを一度外して、セットしなおす。
・純正トナーで同じ症状がでるか確認する。

いずれの場合も、解決しない場合は販売店へ連絡してください。
商品の交換の手続きをしてもらえるはずです。



その他豆知識一覧はこちら>>

会員登録

  • 24時間注文受付
  • カゴの中を見る
  • FAX注文

選べるお支払い方法

7つのポイント

このページのトップへ
送料について
店内全品無料です
Copyright(c)2011 リサイクルトナー.net, all right reserved