リサイクルトナーを15時までのご注文で即日発送!

インクの種類について

家庭用インクジェットプリンターに使用されるインクは、大きく分けて、
・顔料系インク
・染料系インク
の2種類に分けられます。
染料インクは写真印刷に適しており、顔料インクは書類などの文書の印刷に適しています。


しかし、家庭用と限定せず、工業用など、数多くのプリンターを見てみると、実に様々なインクが存在しています。
その多くのインクについてまとめました。


有機溶剤インク

有機溶剤インクはソルベントインクとも言います。
屋内外のサインによく使用されています。
発色が鮮やかで、屋外に置いても数年は持つという特徴があります。
ソルベントインクには溶剤が含まれており、この溶剤が印刷した素材に浸透することで顔料が定着します。
溶剤が揮発し、完全に乾くことで、屋外に置いても劣化しなくなります。


また、ソルベントインクとは別に、ラテックスインクという、インクも存在します。
ラテックスインクは水性でありながら、耐水、耐候性を持ち合わせるインクです。
ソルベントインクは溶剤インクですが、ラテックスインクは水性です。
ソルベントインクと同様に、屋内外のサインや、店舗のPOPなどに使用されています。
速乾性があり、また、溶剤を使用していないので、無臭で、気になる匂いがないという特徴があります。


UV硬化インク

紫外線硬化型インクとも言います。
紫外線のエネルギーで化学反応を起こし、液体から固体へと硬化します。
その硬化するスピードは秒単位で、紫外線を当てることですぐに硬化します。
紫外線を当てない限りは硬化しない、という側面も持っています。


CDや洗剤、シャンプーなどが入っているポリボトルなど、プラスチック素材への印刷が得意です。


番外編:個体インク

現在は国内販売が終了したインクです。


ソリッドインクとも言います。
元々個体インクになっており、そのインクを約60度の温度で液体化して用紙に転写します。
液体インクに比べて滲みも少なく、発色も美しいという特徴があります。


他のインクと大きく異なるのは、個体のむき出しのインクの補充をするという点です。
そのため、インクカートリッジのように樹脂製の容器を必要としません。
今ではもう、販売が終了しましたが、3Dプリンターのインクへの応用する動きがあり、 姿と用途を変えて、活躍する予定です。



その他豆知識一覧はこちら>>

会員登録

  • 24時間注文受付
  • カゴの中を見る
  • FAX注文

選べるお支払い方法

7つのポイント

このページのトップへ
送料について
店内全品無料です
Copyright(c)2011 リサイクルトナー.net, all right reserved