リサイクルトナーを15時までのご注文で即日発送!

互換トナーとは?

プリンターメーカー以外が製造しているトナーのことを指します。
主に中国で生産されており、他機種と互換があるカートリッジを利用して、
製造した商品のことです。
リサイクルトナーより品質が良く、価格も純正品の半額程度で購入できます。


リサイクルトナーとの違い

リサイクルトナーは使用済みのカートリッジを再利用して製造しますが、
互換トナーは互換性がある新品のカートリッジを加工して製造しています。


基本的な部分はリサイクルトナーと大きな違いはありません。
純正トナーではないこと、少しばかり値が安く仕入れやすいトナーである点はリサイクルトナーとの差はありません。


リサイクルトナーとの大きな違いは、
リサイクルトナーの場合はメーカー純正品を回収して洗浄・分解して、トナーを詰め替えた商品になりますが、
それに対して互換トナーとは、プリンターメーカー以外がカートリッジから製造している新品の商品になります。


互換トナーの品質に関して

互換トナーの品質は製造する業者にもよりますが、
やはり、メーカー純正品よりは劣ります。
主に中国が原産になるため、各輸入業者によっても差が出ることがあります。


互換トナーのメリットとデメリット


<メリット>
・純正のものと比較しても、印刷品質が同等となる場合もある

互換トナーの印刷品質については、販売店・製造業者によって変わってきますが、
リサイクルトナーと同様に、近年は品質が向上し、純正品と同等の実力を持つ商品も増えてきました。


やはり、印刷品質は気になる部分ですので、注意深く比較していただきたいところです。


・通常よりもトナーの量が倍以上格納されている商品がある

純正品のカートリッジでは一定量のトナーしか詰められませんが、互換トナーは構造次第では通常よりも多くトナーを詰められます。
トナーの量が多いとそれだけトナーを買い換えるサイクルが減るので、コスト削減に役立ちます。

これは互換トナーならではのメリットになります。


・生産が終了しているトナーであっても購入することが出来る

長くプリンターを使用していると、旧シリーズのプリンターになり、対応したトナーとともに生産終了を迎えてしまった、ということもあります。
余計な機能もなく、使い勝手の良いこのプリンターだからこそのメリットがあるから、
気に入っていたから、もっと長く利用し続けていたい方にもオススメです。

なぜならそういう時、互換トナーはリサイクルトナーと同様に、
生産が終了しているプリンターのトナーカートリッジを購入することも出来るからです。
これは純正メーカーにはないメリットです。


<デメリット>
・製造しているメーカーによって、性能に差が出る

通常純正品であるなら、同じトナー同士の印刷品質に差はそれほどありませんが、
互換トナーに関しては生産した業者によってその差が大きく開いてしまいます。
互換トナーを使用する際にも、まずどこの商品が一番綺麗に印刷することが出来るか、
安心できる品質を保っているかというところを気にする必要があります。


・トラブルが起きた時、無償保証が効かない可能性がある

リサイクルトナー同様に、互換トナーに関しても、プリンターに不具合が起きた時、
メーカーの保証期間であったとしてもトラブルの内容によっては、有償保証が求められる場合があります。

疑問に思われるかもしれませんが、不測の事態が起きた場合にはメーカーとしても対応することが出来ない場合があるためです。
そのため、こうしたトラブルが起きた場合でも無償での対応にこだわりたい場合は、純正の購入をお勧めします。


リサイクルトナーと同様の危険度を意識する必要がある

互換トナーとリサイクルトナーは厳密には異なる商品ですが、性能や種類としてはそこまで大きな違いはありません。
しかし、何かトラブルが起きた場合には純正メーカーによる保証が受けられない可能性がある部分は同様です。

リサイクルトナーと互換トナー、どちらを使用した方が良いかは、導入する際にじっくり考えて見る必要があると言えます。



その他豆知識一覧はこちら>>

会員登録

  • 24時間注文受付
  • カゴの中を見る
  • FAX注文

選べるお支払い方法

7つのポイント

このページのトップへ
送料について
店内全品無料です
Copyright(c)2011 リサイクルトナー.net, all right reserved