リサイクルトナー、純正トナーをお届けするプラスワン激安トナーショップ!15時までのご注文で在庫品に限り即日発送!10年保証のリサイクルトナーの販売店です!

再生品から選ぶ

  • キャノン
    • キャノンのトナー全て
    • キャノンのプリンタから選ぶ
  • エプソン
    • エプソンのトナー全て
    • エプソンのプリンタから選ぶ
  • ゼロックス
    • ゼロックスのトナー全て
    • ゼロックスのプリンタから選ぶ
  • リコー
    • リコーのトナー全て
    • リコーのプリンタから選ぶ
  • ブラザー
    • ブラザーのトナー全て
    • ブラザーのプリンタから選ぶ
  • HP
    • HPのトナー全て
    • HPのプリンタから選ぶ
  • OKI
    • OKIのトナー全て
    • OKIのプリンタから選ぶ
  • NEC
    • NECのトナー全て
    • NECのプリンタから選ぶ
  • 富士通
    • 富士通のトナー全て
    • 富士通のプリンタから選ぶ
  • 日立
    • キャノンのトナー全て
    • キャノンのプリンタから選ぶ
  • カシオ
    • カシオのトナー全て
    • カシオのプリンタから選ぶ
  • コニカミノルタ
    • コニカミノルタのトナー全て
    • コニカミノルタのプリンタから選ぶ
  • パナソニック
  • NTT
  • IBM
    • IBMのトナー全て
    • IBMのプリンタから選ぶ
  • Jul
  • JBCC
  • ムラテック
  • ICS
  • APTI
  • シャープ
  • サンヨー
  • セイコー
  • 東芝
  • MEMOREX
  • アップル
  • 東芝テック
  • 兼松
純正品から選ぶ
キャノン
エプソン
ゼロックス
リコー
ブラザー
HP
OKI
2017年3月の定休日
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2017年4月の定休日
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

※赤字は休業日です

純正品とリサイクル品の違い

純正トナーとリサイクルトナーでは、
主にどういった違いがあるのでしょうか。


純正トナーとリサイクルトナーの違いについて

プリンターをよく使う企業や、趣味などでよくプリンターを使う人にとっては、
インクやトナー代は頭が痛い問題です。
家電として安くプリンターを購入できたけど、プリンター用のトナーが思ったより高い!
と驚かれる方もいます。
その交換用のトナーを購入する際、純正品トナーが良いか、リサイクルトナーが良いのか、お悩みではないでしょうか。


純正品トナーとは、プリンター本体のメーカーが出している正規品のトナーであり、新品のトナーを指します。プリンターを製造している各メーカーは、リサイクルトナーではなく、純正品のトナーを使うことを推奨しています。


それに対して、リサイクルトナーとは、空のトナーカートリッジを回収して洗浄、
修理をしてから純正品と同量のトナーを再度充填したものです。


このように、純正品とリサイクルトナーでは違いがあり、それぞれを使用する上で、
メリットとデメリットがあるのです。


純正トナーとリサイクルトナーのメリットとデメリットは何か


純正品のトナーカートリッジとリサイクルトナーを使う場合の、
メリットとデメリットはどのようなものでしょうか。


まず、純正品のメリットとデメリットです。


メリット

・メーカーブランドなので、安心して購入できる。
・高品質が安定しており、不具合をほとんど起こさない。
・トラブルが起きた場合、メーカー保証期間内なら無償修理ができる。


デメリット

・単価が非常に高く、コストパフォーマンスが悪い。
・生産終了した型番は、手に入れにくい。


純正品のメリットは、メーカー製なのでプリンターに対して故障したり不具合が出ることは滅多にないことが挙げられます。
それに万一不具合が出たとしても、メーカーが保証してくれるので、安心して使えます。
一方、大きなデメリットは価格の高さです。


対してリサイクルトナーのメリットとデメリットはこのようになっています。


メリット

・純正品に比べて非常に価格が安く、純正品の3割〜5割の価格で、お得に購入できる。
・再生品のため地球にも優しく、エコである。
・メーカーが生産終了した型番でも購入ができることがある。
・製造業者によっては純正品に近い品質の商品もあり、品質も年々向上してきている。
・純正品よりトナーを多く充填した大容量の商品もある。


デメリット

・製造業者によって品質に差がある。
・初期不良が純正品よりも、不具合が起きやすい。
・プリンターのトラブルが起きた場合、メーカーによる保証を受けられない事が多い。


リサイクルトナーは純正品トナーに比べて、

「価格が大幅に安く、地球にも優しくエコ」
という大きなメリットを持っています。
しかし、一方で純正品に対して、リサイクルトナーは不具合が起きる率が純正品より、
やや高い傾向にあり、大きなデメリットとなっています。


リサイクルトナーを使うと、不具合が起きるかもしれない。
ということから、リサイクルトナーの利用をためらうかもしれませんが、
安心してください。

リサイクルトナーを販売している業者は、不具合などが起こった場合には、
保証として無料で代替品を送るなどの対応をしています。
そして近年は品質が劇的に向上しています。

純正トナーに比べてリサイクルトナーの不具合率が高いのは確かですが、近年は徐々に不具合率も純正トナーに近付きつつあり、製造業者にもよりますが、
純正品とリサイクルトナーでは不具合率はあまり変わらなくなってきました。

特に近年では、品質基準の認証を得たリサイクルトナー業者が増えており、
品質の向上と10年保証など、保障期間が延びていることが、リサイクルトナーの需要を伸ばしたきっかけでもあります。


どちらのトナーを使用するか迷うところですが、保証の充実と環境に良いという点で選ぶことを考えると、リサイクルトナーはおすすめの商品となります。


リサイクルトナーをオススメできる価格以外の大きな理由は、
まずは大幅なコスト削減効果と環境に対してエコであるという点です。


まとめ

純正トナーとリサイクルトナーの大きな違いは、

1.純正トナーに比べてリサイクルトナーは格安で購入でき、エコに貢献できる。
2.純正トナーに比べてリサイクルトナーは不具合率が高めで、メーカー保証が効かない。

ということになります。


しかし、近年はリサイクルトナーの品質が劇的に向上していること、
不具合率が純正品とそれほど変わらなくなりつつあることから、
安心してリサイクルトナーを選びやすくなっています。

一方で、状況によっては純正トナーの方を選んだ方が良いケースも存在します。
詳しくは「純正トナーの方が良い場合は?」をご参照ください。



その他豆知識一覧はこちら>>

会員登録

  • 24時間注文受付
  • カゴの中を見る
  • FAX注文

選べるお支払い方法

7つのポイント

このページのトップへ
送料について
店内全品無料です
Copyright(c)2011 リサイクルトナー.net, all right reserved