リサイクルトナー、純正トナーをお届けするプラスワン激安トナーショップ!15時までのご注文で在庫品に限り即日発送!10年保証のリサイクルトナーの販売店です!

再生品から選ぶ

  • キャノン
    • キャノンのトナー全て
    • キャノンのプリンタから選ぶ
  • エプソン
    • エプソンのトナー全て
    • エプソンのプリンタから選ぶ
  • ゼロックス
    • ゼロックスのトナー全て
    • ゼロックスのプリンタから選ぶ
  • リコー
    • リコーのトナー全て
    • リコーのプリンタから選ぶ
  • ブラザー
    • ブラザーのトナー全て
    • ブラザーのプリンタから選ぶ
  • HP
    • HPのトナー全て
    • HPのプリンタから選ぶ
  • OKI
    • OKIのトナー全て
    • OKIのプリンタから選ぶ
  • NEC
    • NECのトナー全て
    • NECのプリンタから選ぶ
  • 富士通
    • 富士通のトナー全て
    • 富士通のプリンタから選ぶ
  • 日立
    • キャノンのトナー全て
    • キャノンのプリンタから選ぶ
  • カシオ
    • カシオのトナー全て
    • カシオのプリンタから選ぶ
  • コニカミノルタ
    • コニカミノルタのトナー全て
    • コニカミノルタのプリンタから選ぶ
  • パナソニック
  • NTT
  • IBM
    • IBMのトナー全て
    • IBMのプリンタから選ぶ
  • Jul
  • JBCC
  • ムラテック
  • ICS
  • APTI
  • シャープ
  • サンヨー
  • セイコー
  • 東芝
  • MEMOREX
  • アップル
  • 東芝テック
  • 兼松
純正品から選ぶ
キャノン
エプソン
ゼロックス
リコー
ブラザー
HP
OKI
2017年3月の定休日
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2017年4月の定休日
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

※赤字は休業日です

使い切った空トナーカートリッジの回収方法

使い切って空になったトナーカートリッジ。
この空のトナーカートリッジはどのように扱えばいいのでしょうか。

空トナーは運送屋さんが回収してくれます。


リユースやリサイクルが重視されるようになった現代では、
空になったトナーカートリッジは貴重なリサイクル資源になります。
そして、リサイクルトナーを作るためには、空のトナーカートリッジが必要不可欠です。

ですからリサイクルトナーを製造する企業としても、空のトナーカートリッジを回収することは、 これからもリサイクルトナーをよりリーズナブルな価格で、お客様の元へお届けするためにとても必要なことになります。


是非、業者にトナーカートリッジを回収してもらう形で、リサイクルにご協力ください。
ほとんどの場合、業者はトナーカートリッジを無料で回収してくれます。


業者にトナーカートリッジを回収してもらうにはいくつかの方法があります。


まず、大手の通販会社や業者の多くが行っている回収方法としては、
購入商品を注文して、手元へ商品が届くときに、運送会社のドライバーに空のトナーカートリッジを回収してもらう方法です。


ただし、それぞれの会社によっては、回収の際に一定個数以上からを対象、もしくは上限を設定しているなどの条件もありますので、
必ず、お求めになったお店などで条件や手順を事前に確認しましょう。
それぞれの販売店や業者が定める手順や条件を無視してしまうと、回収してもらえない恐れがあるためです。


回収の際は、トナーカートリッジを、届いた時と同様に梱包しておくケースが多いですが、
専用の回収袋を用意している場合もありますので、回収してもらう際にドライバーに確認すると安心です。


使用済みのトナーカートリッジは、リサイクルを目的として回収をするので、
渡すときには破損や汚れには、気をつけた状態で渡すようにすることも必要です。
いくらリサイクルといっても、破損がひどい場合は受付ができない可能性もあるので注意してください。


新しい商品を注文せずに、回収だけを依頼したい場合には、専用のメールフォームから集荷を依頼したり、FAXで回収を依頼するなどの方法もあります。

他にも、購入した際に付属されている伝票を、空のトナーカートリッジを梱包した上に貼り付け、そのまま返送するという方法もあります。

回収する会社によって、回収の手順や方法は変わりますので、必ず確認をしてから回収の手続きを行ってください。


また、会社によっては、他社で買った商品や、自社で取り扱っていない商品の回収を行っていない場合もあります。
さらに、純正トナーなど、商品によってはメーカー元へ返却する義務が生じる製品もありますので、事前の確認は大変重要です。


普通にゴミとして破棄してしまうよりも、リサイクルをしたほうが地球環境の保全にもつながります。
オフィスでは特にトナーの使用率も高くなりますから、空のトナーカートリッジを専門業者や集荷ドライバーに、無料で回収をしてもらうのがおすすめの方法です。


回収されたトナーカートリッジは、リサイクル工場の確かな品質管理の元でメンテナンス、トナーの再充填などの工程を経て、再びリサイクルトナーとなります。
お客様が回収に出したトナーカートリッジが再び高品質のリサイクルトナーとなり、お客様のお手元へ戻ってくるのです。



その他豆知識一覧はこちら>>

会員登録

  • 24時間注文受付
  • カゴの中を見る
  • FAX注文

選べるお支払い方法

7つのポイント

このページのトップへ
送料について
店内全品無料です
Copyright(c)2011 リサイクルトナー.net, all right reserved