リサイクルトナーを15時までのご注文で即日発送!

リサイクルトナーとは?

インクジェットプリンターで使われているインクカートリッジは、カートリッジの中に、液状のインクが詰められています。

一方、レーザープリンターのトナーカートリッジには、インクの代わりに、トナーという帯電性を持ったプラスチックの粒子に、黒鉛・顔料などの色粒子を付着させたミクロサイズの粉末がつめられています。

レーザープリンターでトナーを使用する場合、一般的には、プリンター本体を製造している、メーカーの純正品を使います。
しかし、純正品は高価でコストがかかります。
そのためより安価で販売されている再生品が流通しています。


この再生品がリサイクルトナーです。


リサイクルトナーカートリッジ(カセット)とは

リサイクルトナーとは、使用して空になったメーカー純正のトナーカートリッジを回収し、分解、洗浄、修理をしてから、純正品と同量の新しいトナーを充填し、再利用できるようにしたトナーのことです。

リサイクルトナーは使用済みのトナーカートリッジを再利用しているため、
純正品に比べると不具合の発生率が高くなったり、カラーの色の再現性が劣るなどのデメリットがあります。
しかし、純正品に比べるとコストが大幅に削減できるというメリットは大きく、近年ではリサイクルトナーを導入する企業が増えています。

色の再現性が劣るのは、純正品に使用しているトナーには特許等の権利があり、全く同じトナーを使うことができず、汎用トナーを充填しているためです。

純正品の不良率が1パーセント前後に比べると、リサイクル品は業者にもよりますが、
現在1~5パーセント程度と言われています。

また、ほとんどのショップで初期不良による返品交換には対応していますので、万が一の不具合に備えて予備のトナーを用意すれば、これらのデメリットはほぼ解消されます。

リサイクルトナーがどのように製造されているのかが気になる、という方は、
リサイクルトナーの製造工程」をご参照ください。


リサイクルトナー業者について

リサイクルトナーを扱っている業者は多く、販売価格にも幅があります。
これは、業者や使用している機器のメーカーによって違ってきますが、
純正品の価格を基準にしますと、3割から5割が多いようです。

安価すぎる商品は、トナー製造上の諸経費の削減だけでなく、トナーカートリッジのメンテナンスさえしていない可能性が高く、そういった粗悪品を手にしてしまうことで機器トラブルのリスクも高くなりますので、あまりにも安い製品は避けた方が無難です。


リサイクル品はメーカー純正のトナーよりも機器の不具合を引き起こす率が高くなってしまうため、価格の安さでなく、不具合があった時の対応を明記しているかなど、安心して信頼できる業者から購入する事をおすすめします。

一般的にリサイクルトナーを使用した時の不具合率は、業者にもよりますが1〜5パーセント程度はあるとされています。


リサイクルトナーの信頼できる業者の探し方としては、
一定期間その製品の保証を行なっているか、
万一不具合が起きたときにきちんと対応してくれるのか、
連絡先をわかりやすく表示しているかどうかなどを確認します。

リサイクルトナーは2,3本まとめて購入してストックすることもありますので、
保証期間はできれば長期にわたっていることが望ましいです。


また、その製品が原因でプリンターなどの機器が故障した場合の修理費等の負担について明記してあるかどうかも調べます。
そして、どれくらい長期間リサイクルトナーを扱い続けているかも見てみましょう。
長い間続けているということは、それだけお客様がついていたり、対応にも慣れているという目安になります。


このようなリサイクルトナーを販売している業者は、通販が多いですから、
必ずその業者のウェブサイトを訪れて、上記の事柄を確認するようにしてください。
そして、その業者についてクチコミサイトや比較サイトなどで調べてみるのも良いでしょう。


信頼できるリサイクルトナー業者の探し方 まとめ
・安価すぎる業者は避けましょう。
・トナーの保証期間をしっかり確認しましょう。
・万が一の不具合の時の対応を確認しましょう。
・連絡先がわかりやすく明記されているかを確認しましょう。
・口コミサイトなどを見てみるのも一つの手段です。

わからないことや不明な点は電話やメールで遠慮なく問い合わせてみましょう。
信頼できる業者ならきちんと答えてくれるはずです。



その他豆知識一覧はこちら>>

会員登録

  • 24時間注文受付
  • カゴの中を見る
  • FAX注文

選べるお支払い方法

7つのポイント

このページのトップへ
送料について
店内全品無料です
Copyright(c)2011 リサイクルトナー.net, all right reserved