リサイクルトナーを15時までのご注文で即日発送!

プリンターの種類について


現在主流なのは、主にインクジェットプリンターとレーザープリンターです。
しかし、それ以外にもプリンターの種類はあります。
プリンターの種類についてまとめました。


プリンターにはいくつかの種類。
・ドットインパクト方式プリンター
・レーザープリンター
・インクジェットプリンター
・サーマルプリンター
<番外編>
・PSプリンター
以下に、それぞれの特徴をまとめました。


ドットインパクト方式プリンター

縦横に並んだドットに対応するピンを、
インクリボンというインクを吸着させたテープに叩きつけて、印刷する方式です。
複写式の伝票など、複写用紙への印刷ができることが大きな特徴です。


印刷品質はあまり高くなく、画像などの印刷はそれほど綺麗には仕上がりません。
また、ピンを叩きつけるという工程があるために、印刷時の音が大きいこともあり、
現在ではインクジェットプリンターや、レーザープリンターに置き換えられつつあります。


現在は主にATMの記帳や、複写用紙への重ね印刷の用途で使われています。


レーザープリンター

帯電性のドラムにトナーを付着させ、トナーが付着したドラムを熱と圧力で 紙に押し付けることにより印刷するプリンターです。
詳しくは、「レーザープリンターの印字の仕組み」 をご参照ください。


インクジェットプリンター

液体のインクを紙に吹き付けることにより印刷するプリンター。
低価格で高品質というプリンタであるため、一般家庭を中心に普及しています。
近年はビジネスインクジェットプリンターも販売されています。
詳しくは、「インクジェット印刷とトナー印刷の違い」をご参照ください。


サーマルプリンター

サーマルプリンターとは、熱によって紙媒体に印字を行なう仕組みのプリンターです。
転写する方式によっていくつか種類があり、専用の感熱紙に印刷を行う感熱式プリンターと、インクリボンを使用する熱転写プリンターの2種類があります。


熱転写方式プリンター

インクリボンに塗布されたインクに熱を加え、液状または気体状になったインクを紙に接触させることにより、写真品質の印刷を行うプリンターです。
溶融型熱転写(インク液体型)と昇華型熱転写(インク気体型)方式があります。


感熱式プリンター

「ダイレクトサーマルプリンター」とも呼ばれます。
感熱式プリンターとは、感熱紙と呼ばれる、熱を加えると色が変化する専用紙に、
熱した印字ヘッドを直接当てて印刷するプリンターです。


感熱式の特徴は、音が非常に小さく、小型軽量に適した比較的簡単な構造で、コストが抑えられるという点です。
唯一の消耗品は感熱紙のみで、インクリボンやインクカートリッジといったインク類を使用しません。
その代わり、感熱紙以外の普通紙などは一切使用できず、また感熱紙に印刷しても、時間が経過すると色があせてしまい、長期保管には向かないことから、特定の用途を除いては、一般的にはあまり使用されていません。


現在は、主にレシートや、鉄道の切符、勝馬投票券などの公営ギャンブルの投票券などに使用されています。


番外編:PSプリンター

やや特殊なプリンターになるため、番外編での紹介となります。


PSプリンタとは、ポストスクリプト対応プリンターのことです。
プリンタへの印刷データは、ほとんどがパソコンなどから印刷イメージを送って印刷をする方式ですが、印刷イメージを形状データとして送るPS(ポスト・スクリプト)というものがあります。
このPSデータを印刷できるプリンタが、PSプリンタです。


PSは高品質な画像も少ないデータ量で印刷することができますが、プリンタがPSに対応していないと印刷できないという欠点もあります。
PSに対応したレーザープリンタの価格は、
対応していないものと比べると5割程度高価です。



その他豆知識一覧はこちら>>

会員登録

  • 24時間注文受付
  • カゴの中を見る
  • FAX注文

選べるお支払い方法

7つのポイント

このページのトップへ
送料について
店内全品無料です
Copyright(c)2011 リサイクルトナー.net, all right reserved