リサイクルトナーを15時までのご注文で即日発送!

プリンター用紙の種類について

プリンターで印刷できる用紙には、実にさまざまな種類があります。
用紙を買いに行くと、「普通紙」や「上質紙」などの種類が目に入ります。
実はプリンターによっては使用できない用紙や、紙によっては仕上がりが異なるなど、
様々な違いがあります。
プリンター用紙の種類や用途別の選び方についてまとめました。


普通紙

「PPC用紙」や「コピー用紙」とも表記されています。
オフィスや一般家庭でコピー用、プリント用として最も良く使われる用紙のひとつです。
価格が安価で購入しやすく、使用できるプリンターが多いことが最大の特徴です。

一方で、テキストがメインの文書の印刷には適していますが、
画像の印刷には不向きなこと、耐水性が低く、湿気でインクが滲んだり、
用紙がよれやすいという弱点も持っています。


上質紙

上質紙は「パルプ」と呼ばれる、主に原材料となる木など植物から取り出した繊維を、
100%使用した紙で、「WOODFREE PAPER」とも表記されます。
普通紙(PPC用紙)よりも白く、綺麗に印刷されます。
主に、雑誌・チラシ・事務用伝票・メモ帳・ノート・原稿用紙などに使われており、
特に厚手のものは郵便葉書や名刺などにも使われています。
一般的によく見る紙でもあります。


再生紙

再生紙は名前の通り古紙(リサイクル紙)が配合されており、紙の色が黄色、灰色がかっているのが特長です。
近年ではグリーン購入法対応のために、古紙パルプを70~100%使用した物が多くありますが、これ以外の配合率のものもあります。

環境に配慮した用紙ではありますが、再生費用がかかっているため、
商品によっては上質紙より価格が高くなる場合もあります。


光沢紙

「写真用紙」とも表記されます。
光沢紙は紙の表面に光沢を持ち、インクジェットプリンターによる写真印刷に向いています。
主にアルバムに入れて保管するような、光沢のある写真を印刷するときに使用されます。

大きな注意点としてはレーザープリンターでは使用できないという点です。
光沢紙に含まれる樹脂が、転写の際の熱で融解し、プリンター内部やカートリッジ内部の機器に付着する可能性があり、
それが原因でプリンターの故障に繋がるため、レーザープリンターでの使用はできません。


マット紙

マット紙は写真印刷に適した光沢のない用紙のことをいいます。
「マット」というように光沢はありませんが、上質紙よりはツヤがある紙です。
チラシ、ポスター、冊子の表紙などに適しています。


インクジェット用紙

「インクジェット専用紙」「インクジェットペーパー」とも表記されます。
インクジェット用紙とは、インクジェットプリンター専用の、
表面加工(コーティング)が施された用紙のことです。
コーティングすることによって、インクのにじみや裏側にまで染み抜ける、
「裏抜け」を防ぎ、美しい仕上がりになります。

この「インクジェット用紙」は主に「はがき」で多く見られます。
年賀状の時期にはコンビニや郵便局の臨時販売店等で、
「インクジェット用ハガキ」や「インクジェット写真用ハガキ」が販売されており、
多くの方に馴染みがあると思います。
このインクジェット用紙も、光沢紙同様、レーザープリンターでは使用できません。
トナーを定着させる際の熱によって、表面のコーティングが溶けて剥がれ、
機械に張り付いたり、巻きついたりしてしまい、プリンターを故障させる恐れがあるためです。

そのため、レーザープリンターでご使用される際は、
普通ハガキもしくは「レーザープリンター用はがき」をご使用ください。



その他豆知識一覧はこちら>>

会員登録

  • 24時間注文受付
  • カゴの中を見る
  • FAX注文

選べるお支払い方法

7つのポイント

このページのトップへ
送料について
店内全品無料です
Copyright(c)2011 リサイクルトナー.net, all right reserved