リサイクルトナーを15時までのご注文で即日発送!

トナーカートリッジの仕組み

レーザープリンターで印刷するときに必要不可欠な、トナーカートリッジ。
トナーカートリッジの中身を分解したりしてみることは、そうそうありません。
実はトナーカートリッジの中身はかなり複雑な構造になっています。

トナーカートリッジの中身がどうなっているかを、まとめました。


感光体ドラム


感光体ドラムの役割は、トナーがドラムに乗り、そのトナーが用紙に転写されて、用紙にトナーが写ります。
このドラムの表面が磨耗・キズ・紫外線などにより劣化すると、印刷物に黒線・黒点・汚れ・かすれ・薄い等のトラブルが発生する原因となります。
そのため、リサイクルトナー製造工場では、リサイクルとの過程で、毎回新しい感光体ドラムと交換しています。
実は、この感光体ドラムは、部材の中でも最も高価な部分になります。


帯電ローラー


帯電ローラーは、感光体ドラム表面に静電気を帯電させる役割があります。
この部分に汚れ・キズ・劣化がありますと、黒線・黒点・汚れ・かすれ・薄い等のトラブルが発生する原因となります。


ドクターブレード


ドクターブレードは、現像ローラー上に付着するトナーを均一に保つ役割をしています。
この部分が、磨耗していたり、キズが入っていると、トナーの付着が均一状態を保てないため、印字状態に汚れ・黒線等のトラブルが発生します。


ワイパーブレード


ワイパーブレードは、感光体ドラムに付着したトナー(用紙に転写した後、残ったトナー)をふき取り、感光体ドラム表面をきれいに保たせる役目をしています。
この部分が、磨耗していたり、キズが入っていたり、ゆがんでいたり、劣化していると、感光体ドラムのトナーをきれいにふき取れず、
印刷物に黒線・黒点・汚れ等のトラブルが発生する原因となります。


現像ローラー


現像ローラーは、感光体ドラムにトナーを付着させる役割を持っています。
この部分が磨耗していたり、キズが入っていると、印字状態に汚れ・黒線・かすれ・S字模様等のトラブルが発生する原因となります。


リカバリーブレード

廃トナーボックスからの逆流防止のためのブレードです。
劣化すると、廃トナーボックスからトナーが逆流して用紙を汚したり、プリンター内部を汚すことにつながります。


ひとくちにトナーカートリッジと言っても、多くの機器が中に備わっています。
繊細な部品も多く、そして複雑な機械でもあるので、取り扱いには十分に注意してください。



その他豆知識一覧はこちら>>

会員登録

  • 24時間注文受付
  • カゴの中を見る
  • FAX注文

選べるお支払い方法

7つのポイント

このページのトップへ
送料について
店内全品無料です
Copyright(c)2011 リサイクルトナー.net, all right reserved