リサイクルトナーを15時までのご注文で即日発送!

トナー開封時の注意点

トナーカートリッジはデリケートな商品です。
開封時の取り扱いに関しての注意点をまとめました。


トナーカートリッジを取り扱うときは、次の点に注意してください。


直射日光は避けてください。

トナーカートリッジは、直射日光はもちろん、光に非常に敏感です。
強い光が感光体ドラムに当たるとが劣化し始め、印字品質が低下するおそれがあります。


寒暖差による結露に注意する。

寒い所から暖かい所に移動した場合は、1時間以上室温に慣らしてから使用してください。
カートリッジの内部が結露すると、水滴で印刷の品質が低下したり、不具合を起こす原因となります。


立てたり、裏返しにしたりして置かない。

トナー粉が片寄り、印字不良や故障の原因になります。


トナーが手や衣服に付いたときにはすぐに洗う。

トナーは人体に無害ですが、手や衣服についた時はすぐに洗ってください。
服にトナーがついてしまった時は、強くこすらず、軽く払った後、
ぬらしたティッシュなどで、軽くたたくようにしてください。

強くこすったり、濡れたティッシュで強く叩くと、
トナーが染み込んだり、色が広がったりしてしまいますので、注意してください。
また、トナーで汚れた服を洗う時は、他のものと一緒にしないでください。
色移りする恐れがあります。


トナーの清掃に、家庭用の掃除機を使用しない。

トナーが床にこぼれたりして掃除をする場合には、家庭用の掃除機は使用しないでください。 静電気により、装置内部のセンサー類が破損したり、掃除機が故障したりする可能性があります。
(トナーに対応した業務用掃除機は使用できます。)


トナーカートリッジに強い衝撃を与えない。

トナーに強い衝撃を与えると、トナー漏れや印字不良などの原因になります。
特に、トナーカートリッジのシーリングテープをはがした後は、トナーカートリッジを強く振ったり、 衝撃を与えたりしないでください。トナーがこぼれることがあります。
※カートリッジの種類によっては、トナーシールがない物もあります。


使用開始直後は、印字汚れ・かすれ等が発生する場合がありますので、数枚のテスト印刷をお勧めします。
プリント濃度が薄すぎたり濃すぎたりした場合は、PCの設定画面や、
プリンタ本体に付属している濃度調整ダイヤルで濃度を調整して下さい。



その他豆知識一覧はこちら>>

会員登録

  • 24時間注文受付
  • カゴの中を見る
  • FAX注文

選べるお支払い方法

7つのポイント

このページのトップへ
送料について
店内全品無料です
Copyright(c)2011 リサイクルトナー.net, all right reserved